かぼろぐ

おてんばビアデッドコリーの”かぼちゃん”と、だめだめボーダーコリー”まごいち”のげんきいっぱいなまいにちです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しろいあしにくろいくも

IMG_1536.jpg

今日の夕方、ちかくのヨシ原のさんぽみち。











ギョギョシギョギョシ大合唱してるのは、オオヨシキリ。

G2はその昔、仕事でオオヨシキリの巣を探さなくちゃいけなくて、
このヨシ原に麦わら帽子に軍手につなぎにもちろん長靴でドカドカ入らされたことがあります。
オオヨシキリは、ヨシの葉っぱでカップ型の見事な巣を作るんですよ。

ヨシというのは背丈が5メートルにもなり、それが超密に群生してるわけです。
そのうえ、水辺に生える植物ですから思わぬところに沼があったりもするんです。
もー、ほとんどジャングルに分け入っていく探検隊の覚悟です、
1メートル入っただけで遭難するとおもいましたもん。

同じヨシの葉でまん丸い玉のような巣を作るのは、ちいさいネズミのカヤネズミ。
カヤネズミってどんなネズミ?→全国カヤネズミ・ネットワーク
これも探したなぁ、、、、。
葉の枯れる冬には見つけやすいけれど、
草の勢いの盛んな夏にこれらの巣を見つけるのはなかなか大変なんです。

ちいさくてか弱い生き物たちにとって、ヨシ原はたいせつな住処なんですね。

ちなみに、この時期は子育ての時期なので、そっとしておかなくてはならないんですけど、
ちゃんとしたお仕事だったんで、採取にあたってはしかるべきところに許可をもらっておりました。
それとて、人の都合ですけどもね。。。


そうそう、家の軒先から巣立ったツバメたちも、巣立ちの後は巣に戻ることはなく、
渡りまではこういうところで過ごすんです。
今日もたくさんのツバメたちが低く鋭くびゅんびゅん飛び回っていましたよ。


おぉ、ヨシ原ヨシ原っていってたら、琵琶湖博物館でど真ん中直球ストライクでスバラシイ企画展が!

びわ湖のふるさと「ヨシ原」-ヨシ原を利用するいきものたち-

ここは、博物館好きのG2としても、とくに好きな博物館です。
レストランではビワコオオナマズのメニューもあり〼。
もうすぐ(7月半ば以降かな?)近くの烏丸半島では蓮の花が開花し始めます。
ほんとうに見事な群生なんですよ。

草津市立水生植物公園みずの森







それはそうと、空が怪しいね。





IMG_1519_20140622222633666.jpg

えー、もうかえるのー?


空見てごらんよ。ヤバいやろ。




と、案の定、このあとすぐに土砂降りの雨が降りだしました。













IMG_1550.jpg

そういうわけで、

きょうもまたまたおフロでした。





(iphoneにしてからカメラ持ち歩かなくなっちゃったなー。。。)





にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへにほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ

関連記事

| かぼちゃん日記 | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

かぼちゃんG2さんどしゃ降りお疲れ様です(^q^)
かぼちゃん川泳いだあとみたいになってる(´・д・`)WWW


おー、ギョギョシはオオヨシキリさんでしたかー!前々からなんだろうとは思ってましたが…
ラム巣とか踏んでないだろうか…

| ぐう | 2014/06/26 18:48 | URI |

ぐうさん

ぐうさん、こんにちはー。
ビアディはずぶ濡れになったら、「あんた、誰?」状態ですよね。

この時期のギョシギョシはオオヨシキリさんですよ〜。
巣は地面じゃなくてヨシの茎と葉っぱの間に上手につくるから、踏んづけちゃうことはないと思います。たぶん、だけど。
だけど、ヒバリは思いっきり地べたに巣を作って卵を生むから、こっちはやばいかも。

| G2 | 2014/06/28 11:06 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://futonbeya.blog68.fc2.com/tb.php/439-1cdfed1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。